2020年2月12日

DIASシンポジウム 2019-2020「地球環境データを用いた社会課題解決に向けて」

 
文部科学省委託事業「地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム」では、大容量かつ多様な地球環境データを取り扱うための「IT基盤」としてデータ統合・解析システム(DIAS)を構築しながら、防災、気候変動、水循環、生物多様性、農業等の研究を行う「ドメイン研究者」と、その研究成果を社会実装につなげるアプリケーションの開発を行う「IT研究者」による社会課題解決に向けた取り組みを行っております。

本シンポジウムでは、DIASの成果に加え、地球環境データを用いた気候変動適応や防災、観光資源としての気象利用などの研究活動を広くご紹介した上で、DIASの更なる活用に向けた議論を行います。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

日時:2020年3月27日(金)14:00 – 17:30 (13:30開場)
会場:東京ミッドタウン日比谷 8階 日比谷三井カンファレンス Room 1+2
住所:東京都千代田区有楽町1丁目1−2 地図/アクセス
定員:140名(予定)


お申込みはこちら

対象者

  • 「地球環境データを用いた、課題解決アプリケーション」の研究開発に従事している皆さま
  • 「地球環境データを用いた、課題解決アプリケーション」を利用したい・利用している皆さま
  • 「地球環境データを用いた、課題解決アプリケーション」で事業を行いたい・行っている皆さま

プログラム

※現在、登壇者およびプログラムの調整中です。追って更新いたします。

14:00 - 14:05
開会挨拶
 文部科学省
14:05 - 14:15
プロジェクト紹介
 向井田 明(一財)リモート・センシング技術センター DIAS推進室 室長
1993年RESTEC入社後、JAXA地球観測衛星、地球観測プラットフォーム技術衛星" みどり"及び"みどり2号"、陸域観測技術衛星"だいち"などの運用、データ解析 にたずさわる。特に"だいち"では東日本大震災をはじめとした災害に対応した。現在、"だいち2号"等、地球観測衛星のデータ配布およびソリューション提供業務を担当。
14:15 - 14:30
小池俊雄「質の高い成長」へ向けた水情報の統融合
小池 俊雄 国立研究開発法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター (ICHARM) センター長
ICHARMセンター長、東京大学名誉教授、日本学術会議会員。社会整備審議会河川分科会会長、日本学術会議の防災関連委員会委員長等を兼任。専門は河川工学、水循環の科学、環境心理学。DIASの開発を主導するとともに、河川流域規模から地球規模の水循環の観測や予測研究を進める傍ら、合意形成を目的とした環境評価や行動に関する心理プロセスの研究を基に河川事業に関わる合意形成の実務に貢献。IPCC2007年ノーベル平和賞受賞貢献感謝状(2007)、中国科学院アインシュタイン教授賞(2009)、2010年日本水大賞国際貢献賞(2010)、水文・水資源学会学術賞(2015)等を受賞。
14:30 - 14:45柴崎 亮介水災害発生後の企業活動誘導(仮題)
柴崎 亮介 東京大学空間情報科学研究センター 教授
都市から国スケールでの人流・車流マッピング、観測データとシミュレーションモデルを同化によるナウキャスト・フォアキャスト技術などに関する研究を進めている。また地理空間情報の流通や統合による価値創造を進めるG空間情報センターを主宰。
14:45 - 15:00 気候変動下で甚大化する佐賀平野の高潮災害に対する適応策の立案に向けた検討
橋本 典明 九州大学大学院工学研究院付属アジア防災研究センター 教授
1981年九州大学大学院工学研究科修士課程修了後、運輸省に入省。運輸省港湾技術研究所海洋エネルギー利用研究室長、水理研究室長、独立行政法人港湾空港技術研究所海洋水理・高潮研究室長などを経て、2005年より現職。専門分野は海岸工学で、これまで沿岸海象の観測調査法と解析技術の開発および沿岸海象の特性解明と予測技術の開発を長年にわたり実施してきた。近年は、気候変動に伴い甚大化する沿岸災害に対する適応策に向けた研究を実施している。博士(工学)(九州大学)。
15:00 - 15:15 気象・海象現象の観光資源化促進(仮題)
舘山 一孝 北見工業大学地球環境工学科 准教授
2001年北見工業大学大学院工学研究科博士後期課程システム工学専攻修了、工学博士。株式会社オホーツク流氷科学研究所海洋開発部研究開発課研究員、北海道大学低温科学研究所附属流氷研究施設特別研究員などを経て2012年より現職。専門は力学、リモートセンシング論、寒冷地環境科学概論等。
15:30 - 16:15
特別講演
池内幸司2019年台風19号等による豪雨災害の教訓とDIASを活用した防災・減災対策
池内 幸司 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 教授、東京大学地球観測データ統融合連携研究機構長
1982年東京⼤学⼤学院⼯学系研究科修⼠課程修了後、建設省に⼊省。内閣府(防災担当)参事官、国⼟交通省河川計画課⻑、近畿地⽅整備局⻑、⽔管理・国⼟保全局⻑、技監、国⼟交通省顧問などを経て2016年10⽉より現職。京都⼤学客員教授、神戸大学客員教授、筑波⼤学客員教授、⽇本⼤学客員教授、東京⼯業⼤学⾮常勤講師、中央⼤学兼任講師などを歴任。専⾨分野は、⽔害等の⾃然災害に対する防災・減災対策、良好な河川環境の保全・復元、⽼朽化が進むインフラの戦略的な維持管理・更新など。博⼠(⼯学)(東京⼤学)、技術⼠(総合技術監理部⾨、建設部⾨)
16:15 - 17:30
パネルディスカッション
モデレータ:
本郷尚本郷 尚 DIASプロジェクトマネージャ/三井物産戦略研究所 シニア研究フェロー
DIASプロジェクトマネージャ。国際排出量取引協会理事、ICAO市場メカニズムタスクフォース委員、GLOBE Japanアドバイザーなど。日経産業新聞「Eの新話」連載(2010年~)、Managing the Transition to Low Carbon Economy(共著)など。元国際協力銀行特命審議役。

登壇者:
喜連川優喜連川 優 国立情報学研究所 所長/東京大学生産技術研究所 教授
1983年東京大学博士課程修了。工学博士。講師、助教授を経て現在同大教授および国立情報学研究所所長。ビッグデータの基盤技術開発やプラットフォーム構築を推進し、DIAS第1,2期、「情報爆発」特定領域研究、情報大航海、最先端研究支援プログラム(FIRST)等国家プロジェクトを多数先導。情報処理学会会長、日本学術会議情報学委員会委員長等を歴任。専門はデータベース工学。


池内幸司池内 幸司 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 教授、東京大学地球観測データ統融合連携研究機構長


柴崎 亮介柴崎 亮介 東京大学空間情報科学研究センター 教授


 橋本 典明 九州大学大学院工学研究院付属アジア防災研究センター 教授


 舘山 一孝 北見工業大学地球環境工学科 准教授
17:30 - 17:35
閉会挨拶
 井上 準二(一財)リモート・センシング技術センター 常務理事
1974年、三菱商事入社。宇宙事業開発(観測・通信衛星)を担当。1993年、MIC Palo Alto事務所長。MC Silicon Vally社長兼務。1997年、三菱商事情報産業総括部長。2000年、MIC NY上級副社長。2003年より2011年まで、三菱商事執行役員、アイ・ティ・フロンティア社長、同会長等を歴任。現在、リモート・センシング技術センター常務理事。東京大学工学部卒。

お問合せ

DIAS事務局:
一般財団法人リモート・センシング技術センター